情報セキュリティリスク


セキュリティ強化のためにお使いください

情報システムや情報資産を脅かす新たな脅威は日々発生しています。このレポートでは最近の攻撃内容や被害状況、セキュリティリスクを低減する方法を取り上げていきます。レポートは隔月発行を予定です。なお、完全版のレポートはナレッジコーディネーターのお客様、セミナー受講者に限定しています。

第1回情報セキュリティ強化レポート

2016年に国家公安委員会が行った「不正アクセス行為対策等の実態調査」より、情報セキュリティの運用・管理体制及び過去に受けた被害状況をまとめる。
ランサムウェア(35.8%)、ホームページの改ざん(34.3%)、電子メールの不正中継(29.2%)が過去に受けた被害として3割の企業が経験したことが分かる。また、経年変化の被害状況からH28年度より被害を受けたと回答する企業が多いことが分かる。サイバー攻撃の対象が拡大していることが推察される。

レポートのダウンロード→情報セキュリティ強化レポート第1回

過去に受けたことのある被害

第2回情報セキュリティ強化レポート

電子メールを取り巻く脅威について調査レポートをまとめます。電子メールを利用する際のソフトウェアについて最も高いのは、「Yahoo!メール、AOLメールなどのWebメール」(47.1%)である。次いで「Microsoft Outlook」(37.6%)、「Gmail」(29.4%)、「Windows Live Mail」(20.9%)と続く。年代別でみると、60代、70代以上は「Microsoft Outlook」が最も高い。全体と比較すると、20代は「Gmail」の割合が全体よりも19.6ポイント高い

レポートのダウンロード→情報セキュリティ強化レポート第2回

使用しているメーラー

コンタクト情報

Topics

Top