情報セキュリティリスク


どのメーラーにも共通するセキュリティ設定

様々なメーラーがありますが、どのメーラーにも共通するまず最初に行ってほしい事は、「OSのアップデート」と「メーラーのアップデート」です。特にwindowsを使用している方はアップデートの頻度も多く、また使用してるユーザーも多いため、古いヴァージョンのまま使用することは危険ですので、必ず最新ヴァージョンを使うよう気をつけてください。

危険な添付ファイルを開かない

outlookを例に添付ファイルを開かない設定を教えます。

メニューから「オプション」を選び、下記のように「ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない」にチェックを入れてください。

メーラー設定オプション
添付ファイルの保存制限

テキスト形式で読み取る

HTML形式のメールを受信した場合、メールを開封しただけでウイルス感染する可能性があるので、テキスト形式で読み取る対応を行います。

メニューから「オプション」を選び、「読み取り」から「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れてください。

テキスト読み込み

スクリプトの実行を禁止(制限)する

ActiveXに制限を加えることで、悪意のあるスクリプトの動作を防ぎます。

IEの「インターネットオプション」を選択し、「レベルのカスタマイズ」をクリックします。

IEセキュリティゾーン

「ActiveXフィルターを有効にする」を選択する。

ActiveXの制限

テキスト形式で送信する

仮にウイルスに感染し勝手に悪意のあるスクリプトを埋め込んだHTMLメールを送信しないように、テキスト形式で送信する設定を行います。

メニューから「オプション」を選び、「送信」から「メール送信の形式→テキスト形式」にチェックを入れてください。

テキスト形式での送信

←前の記事 ウイルス感染経路

次の記事→ 添付ファイルの確認

コンタクト情報

Topics

Top