情報セキュリティリスク


電子メールの危険性

ビジネスではwebの利用と同じくらい重要な電子メール。使用頻度が高いため、外部の攻撃者から狙われる可能性が高いアプリケーションです。迷惑メール、ウイルスが添付されたメール、差出人を偽装したメール、ソーシャルエンジニアリングの手法を使った標的型攻撃メールなど、日常的に攻撃を受けている状態です。

ウイルスだけでなく、電子メールの性質上、「盗聴」や「なりすまし」を受けやすい。ハッカーに受送信メールを盗聴され内容を勝手に見られたり、差出人を偽装して自分になりすまして取引先相手にメールを送ることも可能です。

しかし、心配すぎる必要はありません。「ウイルス対策」、「盗聴対策」、「なりすまし対策」をしっかり行うことでほとんどのリスクを回避することが可能だからです。基本的な対策をしっかり行うことが重要です。本ページでは、「電子メールのセキュリティ」に特化してセキュリティ強化する方法についてまとめます。

電子メールのセキュリティ

ウイルス対策

電子メールで最も気をつけるべきことはウイルス対策です。ウイルスの感染経路としてメールの添付ファイル、そしてHTMLメールの閲覧による感染が上げられます。ここでは、ウイルス感染の原理とその対策についてまとめます。

盗聴対策

ホテルや無料LANアクセス環境では、メールの本文やアカウント・パスワードを盗聴される可能性があります。業務メールが盗聴されるとソーシャルエンジニアリングを使った標的型攻撃メールを送られ、多大な被害が発生します。ここでは、盗聴されないために暗号化通信を使ったメール設定についてまとめます。

なりすまし対策

電子メールのFromを始め、ほとんどの項目を偽装することができます。よく注意して見なければ、なりすましメールを見破ることはできません。本人認証を備えたメール送受信の仕組みを組み入れることでなりすましメール対策を行うことができます。ここでは、なりすましメールの原理とその対策についてまとめます。

迷惑メール対策

迷惑メールはある意味、ウイルスメールよりもたちが悪い脅威です。世の中に出回っているメールの99%は迷惑メールだと言われています。ここでは、迷惑メールがなぜこんなにも蔓延するのかその理由と対策についてまとめます。

コンタクト情報

Topics

Top