はじめての方


完璧な情報セキュリティ対策は存在しない

毎日新たなウイルスが100万種も生まれている現状ではウイルス対策ソフトで検知できないウイルスが蔓延しており、PCをウイルスから守りきれる保証はありません。また、クラウドサービスが浸透し企業の情報を外部のサーバーに保存することも多々あるため、社内の情報セキュリティ対策では対応できない場合があります。一昔前と比べると大きな変化がおきています。

しかし、中小企業の経営者の中には、「大企業でないから攻撃対象とならないので大丈夫。」と思っている人が未だに多くいます。本当に安全なのでしょうか。2016年に猛威を振るったランサムウェアは対象者のデータを強制的に暗号化し使用させなくするウイルスです。このウイルスは大企業だけでなく、中小企業を狙ったものが多く、情報セキュリティ対策を徹底していない企業では身代金を要求されるなど被害が発生しています。人ごとではないのです。

完全な情報セキュリティ対策はない

大事な情報を迅速に復旧します

このように、情報資産を「守る」ための対策には限界があります。ウイルスに感染した場合を考えると、原因究明に多額の金額を支払っても原因を特定できないことがあり、復旧のための準備を行っていなければ復旧できないことがあります。原因究明の数週間は業務が滞るため、中小企業においては致命的なダメージを受けることがあるのです。

情報資産を「守る」だけでなく、「業務を止めない」対策を行うことが大切です。予め被害を想定して迅速に業務復旧するBCPを作る事が第一歩となります。大事な情報を特定し、どのように回復するのか、手順を明確にする事です。

ナレッジコーディネーターは、お客様の業務が迅速に開始できるようサポートします。被害を最小限に留め、速やかに業務を開始できるようにします。業務を止めない対策を徹底することでお客様の取引先に大きな安心をもたらし、それが新たな取引先を拡大するきっかけとなることを願います。

データ復旧

ホームページの改ざんも直ちに対応

顧客情報、業務情報だけでなく、ホームページも重要な情報資産です。ホームページが勝手に改ざんされて、「表示されない」、「悪意のあるサイトに誘導するリンクを貼られる」、「クッキー情報を盗み取られるスクリプトを仕掛けられる」といった被害が起きないように対策を行います。

HPの改ざん

コンタクト情報

Topics

Top