情報セキュリティリスク


winXPの終了に伴う影響

 2014年4月9日のサポート期間終了に伴い、Windows XP向けの各種サポートが終了しました。Windows XPの脆弱性が発見された場合でもセキュリティ対策などのサポートは行われません。サポート終了後でも使用することは可能ですが、先の理由により脆弱性を抱えている製品であるため、重大なセキュリティリスクを抱えているという認識を持ってください。

セキュリティ対策ソフトをインストールしていれば大丈夫

 WinXP発売当時と現在を比べると、セキュリティ上の脅威も高度化しており、更新プログラムの適用、マルウェア対策をはじめとするさまざまな防御策が必要で、セキュリティ対策ソフトだけで対応していくことは困難な状況と考えられます。また、セキュリティ対策ソフト自体もwinXPに対しての開発を終了している製品も多く、セキュリティ対策ソフトで完全にPCを守ることはできないといえます。

最新のwindowsを利用することで大幅にリスク軽減できる

 マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポートのデータによると、Windows XP に組み込まれたセキュリティ緩和策は、最新の攻撃からの保護には不十分です。Windows オペレーティング システムのマルウェア感染率データによると、Windows XP の感染率は、Windows 7 や Windows 8 などの最新オペレーティング システムと比べて飛躍的に高くなっています。

winXPのセキュリティリスク

 また、Windows XP Service Pack 3 上の Internet Explorer 8 でサポートされる緩和機能と、Windows 8 上の Internet Explorer 10 でサポートされる緩和機能を比較すると、多くの項目においてセキュリティリスクの軽減が図れていることが分かります。

エクスプローラーのリスク軽減

コンタクト情報

Topics

Top