情報セキュリティリスク


ランサムウェアによる被害急増

 トレンドマイクロ社の報告によると、国内のランサムウェアによる被害は1740件(2016年1月~6月)は前年同期比で7倍となっている。法人利用者の被害が顕著であり前年同期比9倍の急増であり、全体の87%を占めています。

ランサムウェアの被害

ランサムウェアとは

 一種のウイルスソフトであり、感染したPCをロックしたりファイルを暗号化して使用不能にするものです。攻撃者はファイルを元に戻すことと引き換えに、”身代金”を要求します。
スパムメールや改ざんされたサイトを閲覧することによりウイルスに感染します。ウイルスに感染するとファイルが開けないため業務に支障が生じて身代金を支払う企業も多数いますが、身代金を支払ったとしてもファイルを元に戻してくれない例も多数報告されています。 

ランサムウェア対策ソフト紹介サイト

 Webサイトを見ただけでランサムウェアに感染してしまう不正広告の脅威。ウイルスバスター コーポレートエディションが、この脅威をどのようにブロックするか、動画で紹介します。


コンタクト情報

Topics

Top