情報セキュリティリスク


ウイルス対策ソフトを入れていたのに

 ウイルス対策ソフトを購入しPCにインストールしたので、「もう情報セキュリティ対策はばっちりだ。」と思っていませんか。
ウイルス対策ソフトをPCにインストールしても、ウイルスに感染することはあります。メーリングリストが流出して友人にウイルス付きのメールが送られたり、PCのアイコンが変更されたり、処理速度が遅くなりインストールしたことのないソフトが動いていたり、被害が発生することがあります。適切に設定・運用する事が重要です。

ウイルス侵入

どうしてウイルス対策ソフトが効かなかったの

ウイルスパターンの更新やソフトのバージョンアップをしていなかった

最も多い原因はこのパターンだと思います。ウイルス対策ソフトをインストールすると、そのタイミングで最新のウイルスパターンとソフトがPCを守ってくれます。
しかし、ウイルスパターンの更新を行っていないと新たに作られたウイルスに対抗できず感染を許してしまうことになります。ソフトも同様です。
新たなウイルスにも対応できるように、パターン更新とソフトのバージョンアップは定期的に行いましょう。

ウイルス検査を行っていなかった

ウイルスパターンの更新を行っていても不審なプログラムがPC内に侵入していることがあります。定期的に「パソコン全体の検査」を行う必要があります。最近はトラッキングクッキーを利用して危険なサイトに誘導するクロスサイトスクリプティングの被害が多いので気をつけましょう。

ウイルス対策の機能を使っていなかった

上記のウイルス検査以外にもウイルス対策ソフトには、ウイルス対策・不正侵入対策・迷惑メール対策・webサイトの保護・個人情報保護等の様々な機能があります。これらの機能は”有効”にして始めて効果を発揮します。”無効”状態では宝の持ち腐れになってしまうので適切に運用する事が求められます。

ウイルスの関係経路を知っておこう

ウイルスの主な感染経路は以下の通り。

  • ウェブサイトの閲覧(不正なサイト、アダルトサイト等)
  • メールの添付ファイルを開く
  • ネットで公開しているファイルを開く
  • 悪意のあるソフトウェアをインストール

ウイルス対策ソフトの限界

ウイルス対策ソフトは既知のウイルスを検知し対処するものです。つまり、未知のウイルスについては基本的には対処できない(一部のウイルス対策ソフトではウイルスの振る舞いを検知し対処するものもある)。

コンタクト情報

Topics

Top