情報セキュリティ基礎知識


バックアップはなぜ行うの

OSやアプリケーションが壊れた時、誤ってファイルを消してしまった時、ウイルスに感染してしまった時など、不測な事態に備えてファイルやフォルダのコピーを取得します。

バックアップの取得

バックアップに必要なもの

バックアップを取得する先は、同じフォルダやドライブではなく、別の記憶媒体にしましょう。同じHDDにバックアップファイルを保存すると、HDDが故障した際にバックアップファイルも併せて壊れてしまう可能性があるからです。

バックアップファイルの容量を考えて可搬媒体を用意しましょう。どの媒体でも長期間劣化せず記憶し続けることは難しいことも考慮に入れておく必要があります。

  • CDR
  • USB
  • SDカード
  • DVD
  • 外付けHDD

可搬媒体

バックアップの方法と対象

PCの全てのデータをバックアップするには時間も記憶容量も必要になるので、バックアップの範囲や頻度を変えていくことが望ましいです。

バックアップの方法

フルバックアップ

ドライブ全体をバックアップする時に使用します。バックアップ時間も記憶容量も十分に確保しておいてください。

差分バックアップ

前回バックアップした時からの差分のみをバックアップ対象とするやり方です。使用頻度の高いファイルを選び実行します。

イメージバックアップ

基本的には上記の2つのやり方で十分ですが、PC自体のコピーを取得したい時に専用ソフトを使用してイメージバックアップを行います。詳細な説明は割愛しますが、アプリケーションやOS等全ての情報をコピーするものです。

バックアップの対象を絞る

重要度に応じてバックアップ頻度を考える

機密情報や個人情報など重要度が明らかに高いものだけでなく、アカウント情報や過去のメール等残しておきたいものを明確にすることが大切です。

世代管理を行う

記憶媒体の容量の関係で、毎回フルバックアップを行うのは難しいと思います。基本的には更新頻度の低いファイルと、更新頻度の高いファイルを分けてバックアップを行うことが良いです。更新頻度の高いファイルは3世代程度残しておき、随時更新していく方法で良いでしょう。

更新頻度の低いもの

特に重要でないファイルであれば初回のみのバックアップで良いかもしれません。重要なファイルについては世代管理している媒体に定期的にバックアップを取得して良いでしょう。

復旧方法

当たり前ですが、せっかくバックアップファイルを残しておいても正しく復旧できなければ意味がありません。どのような状況が起きたらどのバックアップファイルを使用して復旧するのか、予め決めておくことが重要です。
データ移行先のOSが異なり復元できない、バックアップファイルのヘッダー情報が破損していて復元できない等、トラブルが起きることがあるので事前に確かめておくことが重要です。

←前の記事 ウイルスセキュリティソフト

次の記事→ 暗号化

コンタクト情報

Topics

Top